佐渡に棲む化け狸、二ッ岩マミゾウの元に、旧い友から久方ぶりの手紙が届く。
はるばる海を越えてきた手紙には、四国の狸界に何やら不穏な空気が流れつつあることが書かれていた。
そして助力を請うという頼みで締め括られた手紙に、マミゾウは旅に出る決意を固める。


***

伊予の穏神刑部、阿波の金長、讃岐の屋島太三郎。

狸界でも屈指の実力者が肩を並べる四国にやって来たマミゾウは、各地で彼等と出会い、解決の道を模索する。
時に観光を楽しみながら。
時に友人との再会を喜びながら。
着実に解決への道を進むマミゾウ。

しかし、順調が故に裏で蠢く影には気づけない。

***

マミゾウが幻想郷へと至る少し前。
狸の王国、四国で陰謀の渦に巻き込まれるマミゾウと化け狸達による仁と義の物語。
一体誰の差し金か――化かし化かされの変化が織りなす、一風変わった事件録の結末や如何に!













試し読みページ
(例大祭10にて無料配布した、先行収録分の本誌掲載verです)



雨水溜まり 大H州東方祭8刊行
『化生事件録 〜マミゾウ、四国を征く〜』

 本文/編集:雨虎
      表紙:小豆長光 様
   (http://azukiosamitu.blog100.fc2.com/

 ページ:120p
 サイズ:文庫

 頒布場所:大H州東方祭8
        永21 雨水溜まり

 頒布価格:700円

《告知用バナー》


inserted by FC2 system